記事一覧

1・敷金が還ってこないとお困りのあなた

2・敷金返還に関する無料情報

3・敷金を取り返したら

4・敷金返還系マニュアルは他にないのかな?

5・敷金だけではない、こんな事が罷り通る不動産業界

6・賃貸借契約にまつわる問題



賃貸借契約にまつわる問題

先日、京都地方裁判所で更新料の適否を争った事件の判決がありました。
毎年10万円の更新料は不当として退去までに支払った50万円の返還を求めて出訴したもの。

判決(池田裁判長)は、「更新料は賃料の前払い。説明もしており、原告も更新料を考慮して契約している。」との主旨で原告の請求を棄却しました。

当時の説明がどの程度だったのか?
賃料自体はいくらだったのか?
詳細は見ていませんので、この判決そのものにどうこう言えませんが・・・

この事件は消費者契約法施行以前の契約だったようです。
施行以後の契約であればどんな判決だったのかな?

ただ、更新料の返還は難しいとも言われます。
賃料の一部という考え方が多いのも一因かと。

しかし、賃料の一部であれば正規に毎月賃料として取るべきなのです。
ちょっと考えればわかる事ですが、契約期間の途中で退去したら賃料としての性格と合わないですよね。

結局、家主・不動産業者側の「一時収入」になっているに過ぎないのではないでしょうか?
家賃の一部を更新料にする事の合理的な理由はどこにあるのでしょう。


このように不動産業界・賃貸借関係には不明朗な事が多いんですね。
契約がそうだからそう、という話で片付くものではないんですね。

こんな状況は早急に改善しなければいけません。
市民一人一人が困る社会では駄目ですよね。

そういう意味からも、賃貸借契約にかかる料金を「違法・不法・不当に多くとる業者」からはバッチリ取り返さなければなりません。

まぁ、そこまで肩に力を入れないまでも単純に損してはいけません。
【自分の財産・自分の身は自分で(いろんなものを動員してでも)守る】これですね。

この世から、悪徳大家・悪徳不動産業者がなくなる事を願って。
良心的にやっている大家さん・不動産業者さんにも迷惑ですね。

あなたがお困りなら、是非この情報で解決を目指して下さい。


読んで下さいまして、ありがとうございます。
ご質問はお気軽にどうぞ↓

ご質問はこちらから
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。